CECRヨーロッパ共通基準

エスパス・リヨンージャポンではCECR(ヨーロッパ共通基準)に基づき6段階のクラス編成で授業を行っています:A1, A2, B1, B2, C1, C2

 

 

上級

C2 フランス語の非常に優れた運用能力を持つ。読むもの聞くものほとんどすべてを難なく理解し、すべてを整合的に要約することができる。複雑なテーマについて、さまざまな形で、さらにはニュアンスを交えて、流暢に意見を述べることができる。
C1 フランス語の優れた運用能力を持つ。含蓄のある長くて難解な、広範囲な文章を理解することができる。自分の社会的、職業的、学問的生活、あるいは複雑なテーマに関して、流暢かつ論理的に話すことができる。

 

中級

B2 フランス語を全般的かつ自主的に運用できる。複雑な文章の要点を理解できる。一般的あるいは専門的なテーマの会話に明確かつ詳細な形で参加し、筋道のたった意見を述べることができる。
B1

フランス語を効率的にマスターしているが、限界がある。身近な分野であれば、明解で標準的な表現を理解できる。旅行における会話をこなし、自分に興味のある事を話すことができる。計画やアイディアに関して短い説明をすることもできる。

 

初級

A2 フランス語の基礎をマスター。身近な分野における孤立した文を理解することができる。通常の状況でコミュニケーションが可能で、自分に関する問題を単純な手段で表現できる。
A1 フランス語の初歩段階。日常生活における簡単で具体的な状況を理解することができる。相手がゆっくり話す限り、簡単なコミュニケーションを行うことができる。

 

受講期間の最後に修了証明書をお渡しいたします。 DELF・DALFなどを受験される場合、申込のお手伝いをさせていただきます。ご希望の方は受付または講師までお知らせください。